Vol.25 飛行機(パート1)

 上の写真は本年6月に飛行機の中から私が撮ったもの。空の上から写真を撮るのはこれが初めてだ。私は飛行機は好きではないので外を見るということは余りなかった。さらに写真を撮るということはとんでもないことだった。しかし飛行機に度々乗り出して約7年になり、ずいぶん飛行機に慣れてきたということだろう。

 やはり疲れたり睡眠不足のときなどは神経がピリピリして機内でも調子が良くないので、時間に余裕をもって空港に出掛けるという工夫もやった。たまに飛行機が木の葉のように揺れたことがあったが、その最中に逆に気持ちが落ち着くという不思議な体験をした。怖さも極限に達すると後は『なるようになれ』と開き直れるものらしい。

 今回は教育分析を受けるために頻繁に飛行機に乗った訳だが、そういうように何かやろうという動機付けがあることも必要のようだ。後は何度も繰り返したことも大事だ。一般的に何度も繰り返せば慣れてくる。

 ところで我々は怖い夢を繰り返し見ることがある。怖いなら見なければよさそうなものだが、実際には繰り返し見てしまう。それは怖いものに慣れていくという心のメカニズムが存在するからのようだ。これは反復強迫というものだ。苦手なことに少しずつ慣れていくという治療法もあるくらいなので、とにかく苦手なものに徐々にチャレンジしていけば何とかなるという可能性は残されているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です